借りやすい消費者金融

一番借りやすい消費者金融は?自分に合うキャッシング会社を探す

MENU
RSS

一番借りやすい消費者金融は?自分に合うキャッシング会社を探す

「借りやすい」を求めるなら消費者金融

長い人生の中では、どうしてもお金を借りなければいけない事態に遭遇します。
急な冠婚葬祭、友人からの飲み会の誘い、デートの約束があるのに手元のお金がない、という状況もあるでしょう。
手元のお金が不足する場合には、何とかしてお金を借りることを考えなくてはいけません。

 

お金を借りる方法といっても、様々考えられます。
まずは身近な存在である親や兄弟、知人に頼みこむ方法があります。

 

お金が必要な理由を正直に話しすれば、相手の理解を得ることもできるでしょう。

 

ただし「飲み会のお金を貸して欲しい」といっても、なかなか理解を得ることは難しいでしょう。
個人的な理由では、なかなか借りることは困難です。

 

普段の生活でも利用している銀行からお金を借りる方法もあります。
銀行では預金窓口の他に、融資窓口が設置されており、様々な種類のローンを取り扱っています。

 

自分の状況に応じた商品を選ぶことができるでしょう。

 

ただし、銀行ローンや学ロンでは申し込みから審査完了まで時間を要するケースが多くなっています
中には数日間必要な場合もあり、急な出費に対応できないこともあるでしょう。

 

一番お金を「借りやすい」方法とは何でしょうか?
その方法とは「消費者金融で借入する」と答えることができるのではないでしょうか。

 

「借りやすさ」を追求するのであれば、消費者金融に並ぶものはないでしょう。

 

街中には、大小様々な消費者金融の有人店舗や無人契約機を見つけることができます。
テレビCMなどでもさかんに宣伝しており、タレントを起用したCMはお茶の間でも人気の高い構成になっています。
今や日本での消費者金融の利用者は1,400万人以上、10人に1人以上利用しているといわれているほど、消費者金融は身近な存在となっています。

 

消費者金融が「借りやすい」とする根拠は、なんといっても「スピード」にあります。
申し込みを行ってから審査完了までの時間は、最短で30分程度、早ければ1時間もあればお金を借りることができるようになっています。
ほとんどの消費者金融が、申し込みをしたその日に融資完了させる「即日融資」に対応しており、急な出費にも、非常にありがたい存在となっています。

 

申し込み方法も多彩です。
店頭での申し込みの他、無人契約機、インターネット、携帯電話、固定電話、スマートフォン、郵送など、様々な方法が準備されています。
自分の生活スタイルや都合に応じた申し込みを、スピーディーに行うことができるのは、消費者金融の大きな魅力でしょう。

 

申し込み手続きについても、消費者金融は「借りやすい」といえるでしょう。
通常、申し込みに必要な書類は「本人確認書類」「収入証明書類」の2点だけ。

 

申し込み金額によっては、「収入証明書類不要」というケースも多くあります。
多くの書類を準備する必要がありませんので、手続きもスムーズに進めることができるでしょう。

 

さらに、審査基準についても「借りやすさ」は鮮明です。
銀行ローンなどでは、審査基準が厳しく不合格となった方でも、消費者金融では合格できたという声はあらゆる方から聞くことができます。
特に既に複数の借入を利用されている方の場合は、その傾向が顕著に現れます。

 

もちろん消費者金融の借入にも欠点はあります。
最大の欠点は「金利の高さ」でしょう
消費者金融の金利表示は、一定の幅を持たせています。

 

例えば「実質年利4.5%〜18.0%」という表示を商品案内などで見つけることができ、この場合4.5%が最下限金利、18.0%が最上限金利となります。
これは利用者により適用される金利が異なることを意味しています。

 

消費者金融に関わらず、個人ローンの金利は利用者の返済能力に大きく左右されます。
返済能力に問題ないと判断されると、適用金利を低く設定し、たくさん借りてもらおうとします。

 

逆に返済能力に若干懸念があると判断されると、適用金利を高めに設定し、返済に対するリスクをカバーする必要があります。

 

消費者金融の場合は、銀行ローンなどと比較すると最下限金利、最上限金利ともやや高めになっています。
というより、銀行ローンの金利が低いといったほうがよいでしょう。

 

銀行では顧客から預金を集めて、その資金を貸金として運用することができ、その分金利を低く設定できるのです。
消費者金融などの貸金業者とは資金の出所が異なりますので、より低金利で貸し出すことが可能なのです。

 

とくに初めて消費者金融を利用される方の場合、適用される金利は最上限金利に近いものとなります。
その後利用実績を積んでいき、お互いの信頼関係が構築されるようになると、借入限度額を引き上げると同時に、適用金利を引き下げていくのです。

 

消費者金融を利用する場合、この金利の仕組みをよく理解しておきましょう。

 

街中の消費者金融の中には、いわゆる「ヤミ金」も依然横行しています。
法律の整備や規制の強化により「ヤミ金」自体の数も減ってきてはいますが、いつの時代でも弱い消費者心理につけこんで悪事を働く存在はなくなりません。
「どうしても借りたい」という心理を利用して、高い金利で貸出を行う先に注意するようにしましょう。

 

「ヤミ金」の多くは、貸金業としての営業許可を受けていません。
このような先を見極めるには、営業許可を受けているかどうかを調べるのが最適です。

 

どのような金融業者でも、本社のある都道府県、または財務局へ登録許可が必要となり、必ず「貸金業登録番号」を店頭・広告などの見やすい場所に掲示することが義務となっています。
「貸金業登録番号」が提示されていない先、「貸金業登録番」を偽造している先は確実に「ヤミ金」であるといえるでしょう。

 

「借りやすい」消費者金融ですが、ヤミ金の存在以上に注意しなければいけないことがあります。
それは「借りすぎない」ということです。
金利が高い分、たくさん借りることにより返済負担が大きくなってしまうのです。

 

消費者金融の借入では、専用カードを使用します。
審査に合格した後に発行された借入カードをATMやCDに投入して、現金を引き出すことにより借入を行います。

 

借入限度額の範囲内であれば基本的にいつでも自由に借入を行うことができます。
この点も「借りやすい」といえるのですが、ここに盲点も存在しています。

 

簡単に現金を引き出すことができることから「自分の預金口座からお金を引き出している」と錯覚してしまうのです。
次々と引き出しを行うと、あっというまに借入限度額に達してしまいます。

 

そしてお金に対する感覚がなくなってしまい、次々と他社へ申し込みを繰り返してしまいます。
気がついたときには、自分の返済能力を大きく超えた「借金」が残るという結果にもなりかねません。

 

消費者金融の広告には、必ず次のセリフを見つけることができます。
「ご利用は計画的に!!」
必要以上の借入を行わないように、借りたお金はなるべく早く完済できるように心がけておきましょう

 

これらの点に注意しておきさえすれば、消費者金融の「借りやすさ」を十分活用することができるでしょう。

 

どうしても欲しかったものを購入する資金として利用する。
合コンで彼女を見つけるために、資金を借入する。
海外旅行を楽しむ資金を借入する。

 

消費者金融を上手に活用することで、人生を豊かにすることも可能です。
ぜひ「借りやすい」消費者金融を人生のバイブルとして、上手に活用していきましょう。